フィットシャトルハイブリッドの値引きなど

新車を40万円安くするノウハウ
フィットシャトルハイブリッド
フィットシャトルハイブリッドレビュー

これまでにない5ナンバーハイブリット車

小型でありながら広々とした車内空間が強み
ファミリー層に愛されているハイブリット車

価格 人気グレード 値引き額の目安
181万〜196万円 スマートセレクション 8万円
エコカー減税 燃費
100% カタログ燃費:25.0km/L

 

質問フィットシャトルハイブリッドの値引きはどのくらい期待できますか?

8万円程度となるでしょう。より安く手に入れるために、ディーラー以外の値引き方法を検討することをオススメします。

質問価格帯は?

181万円〜198,1万円となっています。比較的お手ごろな価格設定となっており、ファミリー層に人気が高いです。

質問エコカー減税は適用されますか?

エコカー減税対象の車種です。100%減税となります。

質問燃費は?

カタログ燃費で25.0km/L程です。

質問カスタムしたいのですが、エアロはどんな感じでしょうか?

新車購入時に装備できるエアロパッケージが70,000円ほどであるようです。このパッケージはフロントとリアにつけるロアスカートがセットになったものです。他にも、ステップガーニッシュとフットライトがセットになったインテリアイルイネーションセットを30,000円強でつけることが出来ます。

質問納期は?

2ヶ月は見積もっておきましょう。全体的に納品のリードタイムが不安定となっており、4ヶ月ほど待ったという例もあります。余裕をもって購入することをオススメします。

 

質問コーチング機能とは?

ブレーキとアクセルの踏み方が燃費に優しいか、色で知らしてくれる機能です。ユーザーからはユニークで面白い機能だと人気が高いです。

質問エンジンを利用せずに走ることは可能ですか?

モーターだけでの走行が可能です。住宅街など低速で走るのが好ましいシーンに限定されるので注意してください。

質問車内空間のスペースは広いですか?

燃料タンクを前席下に設置する「センタータンクレイアウト」を採用することで、広々とした車内空間を実現しています。一般的なハイブリッドカーは車内が狭くなりがちですので、大きなメリットとなっています。

質問インテリアの特徴は?

繊維会社と共同開発したシートです。本革のような滑らかな肌触りに高級感があります。

質問エクステリアの特徴は?

汎用性のあるシンプルな外観と、個性をアピールできるカラーバリエーションの豊かさです。ボディのカラー展開は9種類となっており、一般的なホワイトや、こだわりを感じるブルーグリーンなどがあります。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてフィットシャトルハイブリッドを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでフィットシャトルハイブリッドのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくフィットシャトルハイブリッドに乗り換えられますしね。

   

5ナンバーのハイブリッド車は、搭載するシステムが多いので車内空間が狭くなってしまうのが難点とされていた。しかし、ホンダが発売したフィットシャトルハイブリッドは、その問題を打破。ハイブリッドシステムの配置を変更することで広々とした空間を確保することに成功している。小型ながら使い勝手の良い絶妙なサイズを理由に、都会に住むファミリー層に絶大な人気を誇る。荷台のスペースも十分に確保されており、ショッピングやアウトドア、様々なシーンで活躍できるポテンシャルの高さがある。また、エコドライブをアシストする機能も数多く備わっている。視角に訴えかけるアシストは、ドライバーにとってストレスにならないだけではなく、「エコを実感できる」「楽しみながらエコができる」と好評となっている。多くのライフステージに適応するファーストカーとして、是非選びたい1台といえる。

新車を40万円安くするノウハウ